JSA手技療法協会 会則
平成24年改訂
第1章 総則
第1条 名称
本会は、JSA手技療法協会(以下本会)と称する。
 
第2条 事務局
本会の事務局は〒601−8469 京都市南区唐橋平垣町68−6 洛陽健康倶楽部に置く。
 
第3条 目的
本会は治療手技を研究し、会員の技術向上と指導方法を学ぶことを目的とする。
 
第4条 事業
本会は前条の目的を達成するために次の事業をする。
1.      研究発表会・技術研修会の開催
2.      目的に有用な文献の収集と会員への紹介
3.      学術刊行物の発行
4.      その他目的達成の為に必要な事業
 
 
 
第2章 会員
第5条 本会の会員は
(1)正会員 (2)賛助会員に2分する。
(1)    正会員は本会の目的に賛同し、定められた会費を納めるもの
(2)    賛助会員は本会を支持するもの 
 
第6条 会費
正会員は、本会の定める入会金及び会費を納入しなければならない
1.      入会金は10,000円とする
2.      年会費は5,000円とするが、入会初年度に限り免除する
3.      年会費は原則として5月に徴収する
 
第7条 入会
本会に入会申し込みをして入会金を納入し正会員となる。
 
第8条 会員の資格喪失
正会員が次の項目に該当する場合には、その資格を喪失する。
1.      退会したとき
2.      1年以上会費を滞納したとき
3.      除名されたとき
 
第9条 退会
退会しようとするものはその旨を事務局に届けること。
 
第10条 賛助会員
賛助会員は役員会の承認にて、入会・退会とする。
 
第11条 拠出金品の不返還
すでに納入したセミナー代金等拠出金品は返還しない。
 
 
 
第3章 役員
第12条 役員         
本会役員に会長、副会長、事務局長、渉外企画部長、会計、監事、学術部長を置く。
 
第13条 顧問
役員会の推薦によって顧問を置くことができる。
顧問は本会の役員とすることができる。
 
第14条 職務
(1)    会長は本会を代表し、会務を総括する。
(2)    副会長は会長を補佐し、会長が事故の折には職務を代行する。
(3)    監事は次にあげる職務を行う。
1.      会計を監査すること
2.      役員の職務遂行状況を監査すること
3.      会計および業務の遂行について不正の事実を発見した時は、
これを役員会に報告すること
 
第15条 役員会
(1)    役員会は役員および顧問をもって構成する。
(2)    役員会は年1回以上開催する。
 
第16条 任期
役員の任期は2年とするが再任は妨げない。
 
 
付則
第17条 会計年度
会計年度は、4月1日に始まり、翌年3月31日に終わるものとする。
本会会則は、平成22年4月1日から施行する。
 


ご覧になりたいセミナースケジュールをクリックしてください

本部セミナーはコチラ オープンセミナーはコチラ
 

各種(セミナー・ご入会)お申込み

JSA手技療法協会 入会金・年会費
  入会金  10,000
  年会費    5,000円(入会初年度は年会費無料)
 
入会金・年会費振込先 
三菱東京UFJ銀行・東寺支店・普通・口座番号0052411 ・氏名 田口(たぐち)幸三郎(こうざぶろう)


お名前(※)
お名前(フリガナ)(※)
会員登録の確認(※)
医療系国家資格をお持ちの方は 『資格名』(それ以外の方は『現職名』)(※)
セミナー参加希望日時(希望しない場合は「なし」)(※)
受講セミナーを選択(※) 基礎セミナー  復習セミナー  アドバンストセミナー  入門セミナー  体験セミナー  特別セミナー  セミナーを希望しない 
セミナー会場を選択(※) 京都会場  中部1会場  中部2会場  中部3会場  三重会場  横浜会場  セミナーを希望しない 
性別(※) 男性  女性 
生年月日(※)
ご住所(※) 郵便番号
都道府県
市区町村
 番地等
 建物名
お電話番号
携帯電話番号(※)
メールアドレス(迷惑メール対策解除のもの)(※)
(確認用)
勤務先名称(※)
勤務先ご住所(※) 郵便番号
都道府県
市区町村
 番地等
 建物名
勤務先お電話番号(※)

(※)は必須項目です。