平成23年11月23日JSA特別セミナー

昨日はJSA手技療法協会主催の会員限定セミナーが名古屋
クラブジョイセミナールームで開催されました。
遠方からも沢山の受講者が来て頂きました。
 
田口会長の冒頭挨拶から、治療業界の中にあるJSAテクニックのポジション、
他の関節矯正に関係する業界の動きを聞くにつれて、JSA手技療法の優位性、将来性を感じます。
研鑽と臨床研究に取り組む本部スタッフの熱意に敬意を表したいと思いました。
 
本題の『加齢に伴う腰痛と膝関節痛のアプローチ』は田口会長のしなやかに華麗に
僅かな力でアプローチするテクニックに感嘆の声を上げるほかなく、息を殺してその場に
静止する受講者は毎度の光景になりました。
 
高齢者の姿勢分類、姿勢の変化・変形。
歩幅の変形所見にみる要因子と思考など臨床心理に学んだ田口会長の表現は的確でしたね。
 
そう言えば、レジュメの冒頭にPatla氏の歩行に関しての表現を記載されておりました。
 
〜Patlaは〜
人生において歩く事の重要性を感銘的に表現している。
「自分の力で、ある場所から別の場所へ移動する能力ほど、よいクオリティ・オブ・ライフを
感じさせ、自立レベルを獲得しうる典型的なものはない。
われわれは子供のこの能力の発達を祝い、一生を通じてそれを養い、維持しようと努力する」
 
歩行の重要性を心理に学び、その改善としての治療があることを説く。
テクニックだけでなく、いつも患者の幸福度を考える田口会長の話は、先日国賓として
来日したワンチュク国王と同じように幸福度を尺度として考える。
 
自分が習い始めたころから「痛みから解放される喜び」「歩ける幸せ」を患者の身になって
真剣に考え、とことん向き合うこと。と教えて貰いました。今でも変わらずに。
そして痛みから解放できる素晴らしい技術を提供できる事で小さな幸せの提供がクオリティオ
オブライフに繋がることも何度も聴かせて頂いただきました。
 
昨日の『加齢に伴う腰痛と膝関節痛アプローチは』の劇的な臨床結果は本部のスタッフによる研鑽で実証済み。
明日からは受講者が小さな成功事例を積み重ね、患者の幸福度に貢献できることと思います。
                                                     
                                           広報 諸岡


| 2011年11月24日 19:13:12 | コメント(0) | 協会員の日記 |


今年最後の東京オープンセミナー10月16日の模様

第2回東京セミナーを神田のあみ はりきゅう整骨院で講義してきました。

開始1時間前にお越しになった方がみえ、会場が開くのを待っていました。
午前は初参加の方にAKAの歴史、JSAの基礎を講義しました。


午後は前回の復習と肩関節、膝関節、足関節、仙腸関節を講義しました。


今回は助手無しで行った為、疲れた部分もありましたが、参加者のの熱気溢れる姿に疲れも飛んでいきました。
復習では、前回出来たところと、なぜ出来なかったのかを考えながらの復習となりました。

JSAを治療に取り入れ患者さんから喜ばれているとの報告をたくさんいただきました。第2回のセミナーで中には、いい感じでJSAの手技が出来る受講者もいて、充実したセミナーになりました。
次回を楽しみにしてセミナーは無事終了しました。


| 2011年10月29日 15:15:18 | コメント(0) | 協会員の日記 |


10月10日は鈴木講師によるセミナーが名古屋で開催されました。

昨日行われた、鈴木正浩先生によるJSA手技療法
セミナー中級レベルの講義は、前回参加から少し
間を置いていた先生等も久しぶりに参加して貰いました。
 

 
聞けば、京都本部のM先生に通って指導してもらって
いたとのことで、実際に手技の動きを見ても滑らかで
迷いや淀みなく動いていました。
 
またこの日初参加の方もおられ、他の先生がたが、肩関節
の復習をする間に初参加者向けに関節に対してのアプローチ
に注力して、関節包内調整だけで筋肉が瞬時に緩むという過程
を体験して貰いました。

スーツで講義していた先生も、途中から白衣に着替えて
めい一杯汗を流しながら、受講者に解り易く、そして、理解しやすい
言葉と臨床経験からの検証実例を交えて聞かせて頂きました。

 
後半からは仙腸関節の離開を理解して貰う為に、結構な時間を
割いて練習も行われましたが、参加者が後半で気付いたのは
手技の運びやテクニックだけではなく、なぜそうなるのか、
どうしてその部位にアプローチをしなければならないのかを
理解、整理する為に鈴木先生のアドバイスは非常に参考になった
事と思います。

 
痛みの伝達はどこから来るのか、何故筋肉が瞬時に弛緩するのか
滑液が果たす役割は…関節包内の緊張とはどういうことか等等
JSAの見解と鈴木先生の臨床例を交えて解り易く説明して頂いた
結果、受講者の大半の人が満足し、解り易くそして、使える!と
いう判断をして頂いたセミナーでした。
 
次回は、会員限定による田口先生の特別セミナーが11月23日に開催
 
まだお申し込みが済んでない方は是非この機会にご入会下さい。

JSA手技療法協会


| 2011年10月11日 15:40:46 | コメント(0) | 協会員の日記 |


9月19日はJSA手技療法協会主催、最新関節包内調整法実技テクニック

午後から行われた山田講師によるセミナーが先程終了しました。
今日は上級編にあたる、胸椎、頚椎を中心に確実に触れる、アプローチできる、
改善度を実感する内容をひとつずつ丁寧に指導して頂きました。

コメントに、前回参加者の方が腰部アプローチがとても良い効果の高いものと
実感している為、今回の頚椎はいつも以上に真剣なまなざしで聞いて頂いたようです。

まだまだポイントの捉え方、押さえ方に甘さを見る受講者もおられますが、これは
熟練するしか方法がありません。

さりとて、沢山の練習を患者にするわけにもいかず、苦労が続くと思いますが、
慣れるよりほかないのが手技の世界です



せめて、家族、友人知人の頚椎を治してあげる気持ちで臨床を増やして下さい。
自分も新たなテクニックの考察を、癒し業界の店長として頑張る妹と月一の割合で
勉強会開いて、どの角度なのか?関節なのか?筋肉なのか?リンパなのか?神経なのか?
一つの関節アプローチでも多方面に考えている中で発見することも多いです。

頑張りましょうね。

栃木の先生、車で来るのはいいですが、運転の体力と気力が心配です。
次回からはJRで来られてはどうでしょうか?6時間運転日帰りはきついですよ(笑)


さて、東京オープンセミナー開催のお知らせです。

来る10月16日(日)
【午前の部】 10時〜12時 初めての受講者向けJSA講義と基礎入門テクニックと理論
【午後の部】 13時〜17時 初級の復習〜肩、膝、足の各種関節と仙腸関節
 *5月と7月に初級入門編を受講された方は、午前の部でも復習を受講することが可能です。
お申し込みは協会事務局もしくは、学び〜ずからお申し込みが出来ます。
http://www.manabees.com/seminar.php?cmd=search_category&mode=&tag_id=36


| 2011年09月19日 18:56:10 | コメント(0) | 協会員の日記 |


2011年8月4日 山田講師によるJSAセミナー基礎入門編がありました

 今日は名古屋でJSA手技療法協会主催 オープンセミナー

基礎入門編を、協会副会長の山田講師を迎えて行われました。
 
 
木曜日の午後からという事で、開業柔整師さんや整体師さんの
参加は少なかったけれど、トヨタに関係しているシフト上で
木曜、金曜日が休みになったヘルスキーパーの先生が参加。
 
 
この先生は某大手企業の従業員対象にヘルスキーパーとして
身体の不調がある方のケアをしております。
 
 
強い視力障害のため、今日も名駅に迎えに行き、自分の肩に
手を置いて誘導してきましたが、話の中で解ったことは、道中で
転ぶ事の多いのは自分の方だという事…
 
 
さて、4人で受講しているため、先生の実技指導も質疑にも丁寧に
応えて頂き、アットホームな中で順調に進んだ講義でした。
 
関節運動学とか関節包内調整に関して全く初めての方のリアクションは
何時見ても面白いですね。
 
今日も「あれ?」や「ウソッ?」の連発を聞いて施術結果の凄さを実感
して頂きました。
 
 
最新の関節包内調整法が学べるのはJSA手技療法協会セミナーです。
 
貴方の学びたいを応援するオープンセミナーからどうぞ。
 


| 2011年08月04日 20:18:24 | コメント(0) | 協会員の日記 |


 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 8 | 9 |