てってい的に肩関節

 先週日曜日5/10に午後より京都本部にて

会員限定特別セミナーが開催されました。
 
今回のテーマは『てってい的に肩関節』。
20名の参加者を迎えて行いました。
 
【会員限定特別セミナー概要】==================
てってい的に肩関節
 
<1> 特別講義        講師:池浦 誠(八起堂治療院院長)
『TAM手技療法概論』
『3分で肩こりを解消する』
 
<2>会長講演        講師:田口 幸三郎(JSA手技療法協会会長)
『肩の構造と機能』(山口光圀氏講演より)
 
 <3>実技セミナー      
                  
『肩甲骨のアプローチ(其の一)』講師:同上
『側臥位で5分でできる肩甲上腕関節アプローチ』講師:中井 尚(JSA学術部長)
 
================================
 
冒頭は元洛陽健康倶楽部にも在籍していた池浦講師より
『TAM手技療法』に基づく講義と実技。
 
AKAがなぜ効果があるのか、突き詰めた時に
「関節の癒着」に着目しTAM手技療法を確立。
 
デモンストレーションでは、
池浦講師のスピーディーな動きにも関わらず、
細かい癒着部分の把握と的確な操作に一同驚き、
被験者の山田副会長の肩の可動域に変化が出た際には
感嘆の声が上がりました。
 
 
 
 
「TAM手技療法」についてはセミナーも行われているので
ご興味のある方は、下記URLをご参照ください。
 
http://www.hakkidou.jp/%EF%BD%94%EF%BD%81%EF%BD%8D%E6%89%8B%E6%8A%80%E7%99%82%E6%B3%95%E3%81%AE-%E8%AC%9B%E7%BF%92%E4%BC%9A%E6%83%85%E5%A0%B1/
 
 
その後は会長より「肩の構造と機能」について講義。
「肩関節については1回で終えられるような内容ではない」という
会長からのお言葉もあり、改めて肩の解剖について。
 
関節液の特性や量、関節包の特性、また実技セミナーにもつながる
前胸部や肩甲骨について細やかな説明がありました。
 
山口光圀氏の講演についてはネットで公開されていますので復習にご活用ください。
https://www.youtube.com/watch?v=64rreQTVJPg
 
その後の実技では、姿勢の改善とパフォーマンス向上に向け、
前胸部の柔軟性と肩甲骨の上方回旋に主眼を置いた内容を行いました。
 
 
 
 
手技の効果を実感し、セミナーで伝えられた動作の必要性を
改めて学んだ時間でした。
 
最後は中井講師による肩甲上腕関節のアプローチ。
 
基礎セミナーでは伝えていない、側臥位で且つ
屈曲と外転のフルレンジについて関節包内の動きに耳を澄ませるような
実技を織り交ぜながら講義が行われました。
 
基礎セミナーがまだ未受講であったり、基礎セミナー受講後まだ
間もない方には、まず関節包内運動を捉えることそのものが難しいため、
まずは包内運動を感じることからスタート。
 
 
 
 
 
限られた時間の中で神経を研ぎ澄ませ動きを感じることができた受講者の方からは、
新たな気づきです、とホクホクしたお顔を見ることができました。
 
今後の臨床の一助になれば幸いです。
 
次回の特別セミナーは例年通り11月に中部地区で行う予定です。
現状では、肩関節の各論にまで落とし込んだ内容で行う予定です。
詳細は決定次第、当HPで告知させて頂きます。ぜひご参加ください。
 
ご参加の皆様、本当にお疲れ様でした。
 
 
 


| 2015年05月16日 16:47:30 | コメント(0) | 協会員の日記 |


9月14日 JSA北海道セミナー

9月14日、札幌市教育文化会館でJSAのセミナーを行ってきました。
JSAの会員の一人の熱意に負け、はるばる札幌での開催になりました。


このようなセミナーを待っていましたとの声があり、
全員一生懸命手技をマスターしようという心意気が伝わってきました。
田口先生ともども熱の入ったセミナーになり、疲れも心地良く感じられました。

次回開催を待ち望む声があり、又札幌に行かねばならない雰囲気になりました。
JSA手技の発展、拡大にもう少し頑張ろうと思ったセミナーになりました。


参加者の声~~~

・北海道ではAKA等の手技を学べなかったので大変うれしかったです。

・わざわざ北の大地までありがとうございました。

・とても充実した内容で大変勉強になりました。

・狭窄症やヘルニヤ等神経症状を出している症例に使用し効果を見てみたいです。

・札幌でまたセミナーがあったらうけたいと思います。

等ありました。


セミナーが終わり4名で反省会をしている時「疲れたね」と言ったら
藤田さんが「
それでは癒しを兼ねクラーク博士の像がある雄大な羊ヶ丘に行きましょう」
という事で、藤田さんの案内で行きました。 

山田





| 2014年09月19日 09:49:37 | コメント(0) | 協会員の日記 |


5月11日 会員限定特別セミナー

 昨日は京都本部にて、午前中はアドバンストセミナー、

午後からは会員限定の特別セミナーが開催されました。
 
会員限定特別セミナーについては、
定員いっぱいご参加いただき、講師陣含め32名のセミナーは、
非常に集中した熱気の中で行なわれました。
 
 
【会員限定特別セミナー概要】==================
■特別講義
・「腰痛の見解とアプローチ」 講師:鈴木正浩
・「キネティックチェーンで痛みを探る」 講師:前田直人
 
■JSA実技セミナー
「徹底的に頸!・関節運動学と皮膚運動学的アプローチ」
講師:田口幸三郎 JSA手技療法協会会長
 
===============================
 
 
冒頭は特別講義ということで、2名の講師より
治療についての考え方を、講義と一部実技を交え説明。
 
 
 

 
会員の方々は、
セミナーで習い、習得していく手技について、
・「どのように技術を昇華させていくか。」
・「治療効果をどのように上げていくか。」etc
基礎セミナー修了後も、課題が山積かと思います。
 
普段のセミナーだけでは体験できない、
違った角度の考え方や手技を見ることで
自身で手技を発展させ、治療効果を高めていくための
1つのきっかけになればと願っています。
 
また、残りの時間はすべて、JSA手技療法協会の田口会長より
「徹底的に頸!関節運動学と皮膚運動学」の実技セミナーです。



 
JSAの手技療法と最近注目され始めている皮膚運動学を踏まえ、
徹底的に「頸」の実技セミナーを実施致しました。
 
治療次第では、症状を悪化させかねない頸のアプローチ。
「この手技で99%の頸の疾患を解消できる」との田口会長の言葉に
皆さん必死に練習されていました。
 
 
 皮膚運動学のアプローチについては、中々体験することがないこともあり
「何でこのアプローチでこんなに解消されるんだ!?」
と驚きの声も上がっていました。
 
 是非普段の臨床の場で生かして頂ければと思います。
 
次回の会員限定特別セミナーは11月の下旬頃、中部地区で実施予定です。
詳細については決定次第、当HPにて告知させて頂きます。
 
昨日ご参加の皆さま、お疲れ様でした。
 

 


| 2014年05月12日 21:04:32 | コメント(0) | 協会員の日記 |


関節包内調整法ならJSA手技療法体験セミナー 入門セミナーへ 


2014年京都本部セミナー、中部セミナーも2月に入り指導し始めました。
協会ホームページのセミナースケジュール掲載後、すぐに田口会長の5月と11月特別セミナー申し込みが入り
新規ご入会会員さまのセミナー予約申込が計画的に、そして続々と入ってくるようになりました。

また、新規体験セミナーも名古屋で開催されるようになり、小生の拙い解説と実技ですが体験をして頂く事で
JSA手技療法協会の関節包内調整(矯正)の凄さを実感して頂きました。
最短施術は5秒で実感!

5分で腰痛改善、圧痛改善、可動域改善、原因となる部位確定、安全性と優位性を体験した結果
数時間経過後も改善後の戻りもなく、すこぶる順調の報告を下記の様に頂きました。

今後も微力ながら啓蒙させて頂き、「日本中の患者さんを笑顔に、そして元気にしたい!」
一人でも多くの患者様の苦痛をとりのぞき笑顔創造の支援者として活動してまいります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
こんにちは。本日、JSA体験セミナーに参加させて頂きましたYと申します。

本日のセミナーは大変勉強になりました。わざわざ私1人の為に開催して頂きましてありがとうございました。

施術を受けて約4時間半、すこぶる順調です^^
明日以降も右下肢へのセルフでアプローチをして経過を診ていきたいと思います。

今回、体験させて頂き、JSAは本格的に勉強したいと思いましたので基礎セミナーを受講していきたいと思います。
今後もよろしくお願いします!
また、FBでの友達申請(といっても目上の方にこの言葉は使い辛いのですが・・・)
させて頂きましたので登録よろしくお願いします!

本日はありがとうございました!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
facebook JSA手技療法協会 関節包内調整法(矯正法)


 


| 2014年02月12日 20:24:20 | コメント(0) | 協会員の日記 |


本物の技術を学べるセミナーって、本当に使えてますか?

今日は朝からJSA手技療法協会の理事会と田口会長による特別セミナーが開催されました。
今回は受講者も多く会場を名古屋市伏見に設け、23名が関節包内調整の最新テクニックを
習うべく集まりました。(スタッフを入れて31名のセミナーとなりました。)

今日の参加者は北海道から宮崎までと幅広く、ここ数年で受講者の急増と
本格的な矯正調整法を学ぶ機会がふえており、JSAの効果が比類なきものと
認知されてきております。

年に2回ある、田口会長の話は貴重でもあり、また今もなお賢人に学ぶ姿勢を説かれ
若い先生方の意識も変わったのではないでしょうか
 

結果が出ないのは、自身の矯正、調整法がヘタでありつかえてない証拠であり
理解していない証ですと言われる、会長の言葉に奮起しあっという間の4時間が過ぎ
日頃頭で理解しているつもりでいても手に伝わっていない事実を思い知らされます。

 

2次会では大いに親睦がふかまり、来年マレーシアで開業する先生の話に引き込まれ、
その経緯と結果に拘る治療家の神髄と熱い魂の存在に深く浸透しました。
国を挙げてその技術(JSA)を!貴方を!待ち望んでいたと懇願されることとは?

和僑として活躍する日本人の力量をもっと外に向けた力として発揮すべき時が来ている
と発する女史の活躍を全員で支援する意識を持ちました。
 

また、北海道の先生の発言で2014年9月予定で北海道セミナーの開催が現実化されます
これもまた集まった先生がたの生の声を反映し、活かしてこそなんぼ!の精神に感化される
理事メンバーの男粋にあたらて拍手を送りたいと思います。
 

三重支部長の鈴木氏のセミナー開催もいよいよ来年度から始まります。

2014年度の活動も目が離せないと同時に、益々関節包内調整としての立ち位置を全員で
共有する1日でした。

JSA手技療法協会のフェイスブックページは下記からどうぞ
【JSA手技療法教会】で検索!


| 2013年11月23日 22:00:46 | コメント(0) | 協会員の日記 |


 1 | 2 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 |