本日山田講師のセミナーがありました。最新関節包内調整法 2012年

本日午後1時より始まったJSA手技セミナーは、 【ベテラン柔整師から学ぶ、最新関節包内調整法のテクニック】でおなじみの山田講師を
迎えて、名古屋駅南、学び〜ずセミナールームで開催されました。


本日は少人数制ながら、掛川、加古川、富山など片道3時間を要する
先生方も集まり頂き、リクエストの多い、股関節、仙腸関節、をメインに
実技応用編が始まりました。

初めての参加者もありましたが、基本応用編なのでサクサクと復習傾向
が強い、テクニックと操作法を学び、現場で活用する為に必ず実行したい
各種検査法とその大事な利用法などを公開して貰い、検査の重要性を
再確認して貰ったようです。

今回初参加者のアシストに少しだけ入らせて頂いたのですが、やはり、
相当の緊張感とテンパッチャッテル感が手の震えにでておりました。
そんなに自分が緊張してたら患者は逆に怖がって来ないよとアドバイス
して操作の手順と手際の良さをチャッチャと出来るように致しました。

女性で2度目の参加者からは前回参加後の施術で改善度が劇的に変わった
患者がいて、習得技術が実ったことを知らせてくれました。
こうして目の前の患者に対峙して、出来る事を最大限に尽くすと、思いもよらぬ
結果をもたらす事がしばしばあります。

特に遠位に痛みを発する場合であっても、トリガー的に要因を作っている部位が
違う事があります。
その経緯や主訴に対する改善方法を思案し、仙腸関節や足関節にテクニック
操作する事で末端部位の痛みから解放させたり、瞬時に痛みの消失がおきます

こういったテクニックを待っている患者の声や顔を思い浮かべて施術に励んで
欲しいと思います。
セミナー終了後、熱心に尋ねる先生の顔の切実な思いやリハビリに来ている
患者の症例に応えたいとする治療家魂をみて是非応援したいと思います

来季のオープンセミナー形式が変わり、地方開催での体験オープンセミナー
は回数を増やすことになり、京都本部の基礎セミナーと同じ内容を名古屋開催
する事が濃厚となります。

是非、ホームページでチェックしておいて下さい。
尚、学び〜ずのポータルサイトでも随時アップしていきますのでご覧ください。

ぎっくり腰はじめ、痛みの不調を抱えるかたは、蟹江、山田接骨院へどうぞ

JSA手技療法協会のホームページもご覧下さい。

治療家・セラピストの学びたいを応援する学び〜ず ではセミナーを掲載しています。


| 2012年08月26日 20:01:27 | コメント(0) | 協会員の日記 |


7月29日 東京オープンセミナー 山田講師が熱弁。

7月29日 東京神田にあるあみはりきゅう整骨院の会場を
お借りして、JSA手技療法協会主催、第6回東京オープンセミナー
が開催されました。




初めて参加される方と前回までに習った手技の復習を午前中に
受けて頂くのですが、毎回参加率が高いので、本来午後からの
参加者でいいはずの先生方も午前から受けていた来ました。
結局12名のご参加



今回も遠くは福井県から朝一番で着て頂いた方、弱視で視界が
殆ど利かないが、鮮やかな手つきで次々と手技を覚えて頂いた
静岡の先生、先回名古屋の初級編を受けてからどっぷりハマった
長野の先生、女性の参加者は終末医療に近い現場で痛みをとる
為の手技を習いたいと筑波から来て頂いた先生
本当に意欲的な先生方の目の輝きが印象的でした。


小生も第一回目に遅刻して面目潰してから2度目の東京会場という
こともあり、緊張感と懐かしさの両方が入り混じった中で、初参加の
アシスタントとしてお手伝いをしてきました。

また、JSA手技療法もセミナーとして掲載されている、治療家向け
セミナーポータルサイト、『学び〜ず』の説明と活用方法もPRさせて
頂き、申し込みの手軽さやご入金決済の利便性をアピールさせて貰いました。


この日の注目ポイントとして仙腸関節と肩の施術に関わる関節機能異常を
取る手技を徹底的にマスターして貰う内容を受講者同士で取り組み、
一つ一つの方向性と凹凸の法則をしっかり頭に入れて頂きました。



午後の部が始まって間もなく、小生は名古屋の別セミナーに参加アテンド
する事が決まっておりましたので、1時40分会場を後にしました。
この日、全工程を終了した3名の先生には協会から全行程の修了証を
受講後に配られた事と思います。
これを励みに社内、院内の勉強会にて手技テクニックを啓蒙して、活用し、
沢山の患者さんの笑顔を取り戻す為のテクニックとして一人でも多くの人に
研鑽利用して頂ければ幸いと思います。

東京オープンセミナーに参加された方限定の田口会長による特別セミナーが
9月23日東京神田会場で開催して本年度の東京オープンセミナーは終了します。
是非、田口会長の生の手技を習いに来て下さい。
お待ちしております。
席の都合上一杯になると思いますのでお早めにお申し込み下さい。


| 2012年08月01日 14:02:34 | コメント(0) | 協会員の日記 |


1 |