9月19日はJSA手技療法協会主催、最新関節包内調整法実技テクニック

午後から行われた山田講師によるセミナーが先程終了しました。
今日は上級編にあたる、胸椎、頚椎を中心に確実に触れる、アプローチできる、
改善度を実感する内容をひとつずつ丁寧に指導して頂きました。

コメントに、前回参加者の方が腰部アプローチがとても良い効果の高いものと
実感している為、今回の頚椎はいつも以上に真剣なまなざしで聞いて頂いたようです。

まだまだポイントの捉え方、押さえ方に甘さを見る受講者もおられますが、これは
熟練するしか方法がありません。

さりとて、沢山の練習を患者にするわけにもいかず、苦労が続くと思いますが、
慣れるよりほかないのが手技の世界です



せめて、家族、友人知人の頚椎を治してあげる気持ちで臨床を増やして下さい。
自分も新たなテクニックの考察を、癒し業界の店長として頑張る妹と月一の割合で
勉強会開いて、どの角度なのか?関節なのか?筋肉なのか?リンパなのか?神経なのか?
一つの関節アプローチでも多方面に考えている中で発見することも多いです。

頑張りましょうね。

栃木の先生、車で来るのはいいですが、運転の体力と気力が心配です。
次回からはJRで来られてはどうでしょうか?6時間運転日帰りはきついですよ(笑)


さて、東京オープンセミナー開催のお知らせです。

来る10月16日(日)
【午前の部】 10時〜12時 初めての受講者向けJSA講義と基礎入門テクニックと理論
【午後の部】 13時〜17時 初級の復習〜肩、膝、足の各種関節と仙腸関節
 *5月と7月に初級入門編を受講された方は、午前の部でも復習を受講することが可能です。
お申し込みは協会事務局もしくは、学び〜ずからお申し込みが出来ます。
http://www.manabees.com/seminar.php?cmd=search_category&mode=&tag_id=36


| 2011年09月19日 18:56:10 | コメント(0) | 協会員の日記 |


1 |