2011年8月4日 山田講師によるJSAセミナー基礎入門編がありました

 今日は名古屋でJSA手技療法協会主催 オープンセミナー

基礎入門編を、協会副会長の山田講師を迎えて行われました。
 
 
木曜日の午後からという事で、開業柔整師さんや整体師さんの
参加は少なかったけれど、トヨタに関係しているシフト上で
木曜、金曜日が休みになったヘルスキーパーの先生が参加。
 
 
この先生は某大手企業の従業員対象にヘルスキーパーとして
身体の不調がある方のケアをしております。
 
 
強い視力障害のため、今日も名駅に迎えに行き、自分の肩に
手を置いて誘導してきましたが、話の中で解ったことは、道中で
転ぶ事の多いのは自分の方だという事…
 
 
さて、4人で受講しているため、先生の実技指導も質疑にも丁寧に
応えて頂き、アットホームな中で順調に進んだ講義でした。
 
関節運動学とか関節包内調整に関して全く初めての方のリアクションは
何時見ても面白いですね。
 
今日も「あれ?」や「ウソッ?」の連発を聞いて施術結果の凄さを実感
して頂きました。
 
 
最新の関節包内調整法が学べるのはJSA手技療法協会セミナーです。
 
貴方の学びたいを応援するオープンセミナーからどうぞ。
 


| 2011年08月04日 20:18:24 | コメント(0) | 協会員の日記 |


7月31日東京オープンセミナーは盛況でした。

 ブログ更新がなかなか出来ておりませんでしたが

先日の7月31日に行われた東京オープンセミナーの模様をお伝えします。
 
 
実はこの日の朝、携帯電源が切れてしまい、目覚ましアラームの時刻を
過ぎてもならず、数年ぶりに「やってしまった!」わけでして参加者には大変
ご迷惑をおかけしてしまいました。猛省して、ここに深謝します。
 
遅れること約1時間、東京会場を快くご提供して頂きました、あみはりきゅう
接骨院、神田院様に到着し、資料の配布とごめんなさいを繰り返し、山田先生の
アシストを力いっぱいさせて頂きました
 
ここの院長である濱崎氏と組んで施術体験をして頂きましたが、皆さん飲み込みが
早く、特に解剖実習にも沢山出られた先生や、他の関節運動学を学んだ先生からの
質問はより具体的なもので興味深いものでしたが、1度の講義ではなかなか理解は…
 
ということで、焦らずじっくり一つ一つの手技体験をして貰いながら、可動域から
筋肉の弛緩と運動機能改善をほぼ全員が理解して体験して頂きました。
 
 
終了時には女性の先生をデモンストレーションで施術し、僅か5分で全体のバランス、
前屈テスト、LSR、ファディーフ、ファベーレ、ファディーレ、側屈時疼痛、圧痛点の
全てが見事に改善されたのを見て頂きました。
 
若い先生の口ポカーン状態が印象的でした。
集合写真の後は有志の方と神田駅近くの飲食店で山田先生を中心として
柔整師としての話、治療家としての話、接骨院業界の話に花が咲き、
若き先生にとってとても刺激になったことと思います。
 
 
定期開催のご意見も頂き、あみグループ会長のご理解も頂きましたので、
東京会場の定期開催がやっと始動し始めました。
皆さんの熱いおもいを形に替えていければと微力ながら尽力してまいります。


| 2011年08月04日 13:18:49 | コメント(0) | 協会員の日記 |


1 |