昨日は鈴木先生のセミナーでした。大盛況のうちに終了

 昨日は『凄いを実感!JSA最新関節包内調整法を完全習得!』セミナーでした。

 
三重県の鈴苗整骨院院長 鈴木先生のセミナーは毎回好評で、参加者にも
喜ばれており、その証拠に昨日も遠方よりお越し下さいました。

 
栃木県、千葉県、岡山、奈良県、兵庫県、富山県、福井県、三重県、岐阜県、
地元愛知県の柔整師さん、鍼灸師さん、整体師さん達が15名もご参加頂きました。
*1名欠席ですから本来満席なんですね。
*5時間や7時間かけて来て頂く先生方には沢山の学びを持って帰って欲しいものです。
 
 
前回の初級入門編セミナー参加から連続でこられている柔整師さんは、
事の他施術結果に驚いている様子で、初受講の翌日から患者に喜ばれ、
可動域改善は勿論除痛緩和、機能回復、改善に顕著な結果をご報告頂いた。
凄い事です。

 
 
サブタイトルの【前回の仙腸関節、腰仙関節、胸鎖関節、肩関節の復習と、
とことん突き詰める腰部症例と肩関節部位症例のテクニック】とあるように
肩と腰部の徹底的な完全習得をして貰う為に3人ペアになって貰い、見て、
聞いて、試して、受けてのローテーション実技を煙が出るほどの熱気で受けて貰いました。
 
 
補足の部分や補助に自分も入らせて頂き、アシスタントとしての役割をしてましたが、
あちこちから聞かれる「えっ?」や、「凄い!軽い!」「痛くない!」などの声を聴いて
今回のJSAセミナーも大成功だったと感じております。
 
セミナー終了後の居残り練習組と前回の復習勉強会がこのあとから1時間位あり、
今回初参加の先生で、理解が十分でなかった先生方に再度アプローチ法をうけて頂きました。
 
 
 
遠方よりお越しの先生、大変ありがとうございました。
 
最新の関節包内調整法を柔道整復師 、鍼灸師、整体師が学ぶなら
学び〜ずからも申し込みが出来ます。
 
JSA手技療法協会にお問い合わせ下さい
 
検索キーワード:AKA療法、関節包内調整法、仙腸関節機能異常、腰仙関節機能異常、関節運動学的アプローチ


| 2011年04月30日 13:00:00 | コメント(0) | 協会員の日記 |


セミナー開催も順調です!!

 ご多忙様のご多幸さまです

愛知支部広報の諸岡です。

 

さて、名古屋で開催されるオープンセミナーは、日増しに参加者も増えています。

とりわけ、小生のJSA手技療法の基礎的なテクニックを紹介する入門編は、遠方

の治療家さまも受講されるようになりました。

 

栃木、千葉、埼玉、東京、富士宮、福井、滋賀、奈良、兵庫などなど。

次回の東京開催のセミナーでは青森県は八戸からも参加して頂くようです。

 

ネット検索で、AKA療法や関節包内調整(矯正)、仙腸関節機能異常を

入力すると小生のブログやセミナーポータルサイト学び〜ずにヒットして

最終的に本協会のホームページから申し込みをされているようです。

 

つまり、本気で関節包内調整(矯正)を学ぼうとしても、どこに行って良いのか

解らないし、そのセミナー内容が自分の職種、技量レベルに見合うモノなのかどうか

が解らない治療家の人達が多いという事の裏付けなのかもしれません。

是非、熱いセミナーをご体験下さい。

 

来る429日金曜/祝日 午後1時より鈴苗整骨院、院長鈴木先生の最新関節包内

調整のセミナーがあります。肩部、腰部を中心に行います。

【凄いを実感!JSA最新関節包内調整法を完全習得】
前回の仙腸関節・腰仙関節・胸鎖関節・肩関節復習と、

とことん突き詰める腰部症例と肩関節症例テクニック

 

ふるってご参加ください。

JSA手技療法協会は柔道整復師 ・鍼灸あん摩マッサージ師・整体師・セラピストが

修得できる、最新の関節包内調整(矯正)法を学ぶことが出来る会です。


| 2011年04月27日 15:10:36 | コメント(0) | 協会員の日記 |


東日本大震災の被災地ボランティア活動について

 

ボランテア活動で気仙沼へ

4月2日 12時20分 自宅発

     15時35分 妙高SAで休憩

     17時00分 黒崎PAでガソリン補給

     19時25分 仙台宮城IC到着 東京の福田先生の連絡待ち 

     20時10分 福田先生と連絡とれ3日、9時に待ち合わせの
約束が出来、ホッとする

4月3日  8時40分 会津通商到着 福田先生を待つ

 

 ここの社長の好意で、事務所の2階がボランティアの事務所及び寝る所に
なっています。そして、倉庫に救援物資が、品物別に仕分けられており、
避難所の欲しい物を選別して持って行きます。



 温泉旅館の女将の好意で、このマイクロバスで移動します。有難い事です。
ドライバーは服飾関係の仕事をされている会社の社長の藤岡さんが務めて下
さいました。


メンバーは地元のやすらぎ整骨院の三本管先生とそのスタッフ、大阪の小林
整骨院の小林先生と奥様、田中先生、堺市の田中先生、山形の三浦先生そし
て私、山田と総勢16名ほどで、1
2時30分 気仙沼向け出発しました。
 

 三陸自動車道を通り398号線で志津川町へ行きました。途中景色は一変
します。報道されている以上に、瓦礫の山、車の残骸、船の残骸等悲惨な光
景が目に飛び込んできました。あまりに悲惨な光景を見て、涙が出てきました。



 途中物資を降ろし、地震のあった14時36分に黙祷し、16時30分に
気仙沼市立小原木中学に到着。非常に寒く、まだ電気が来ていなくて発電機
で最低の照明、テレビ1台等の電源で生活をされていました。


当初25名ほどの申し込みでしたが、どんどん増え50名以上の方を治療す
る事が出来ました。一応に「楽になった」「今日はよく寝れそう」「ありがとう」
と、感謝の言葉を頂き、皆さんの拍手で見送られ『又必ず来ます』と言い残し
避難所を後にしました。


18時45分 小原木中学校を後にし、21時30分仙台着。福島の皆さんと
別れ、22時30分ガソリン満タンにし、一度ガソリン補給のため休憩して、
5時30分無事自宅に帰りました。

総走行距離1,549Km そして9時より通常診療しました。ボランティア活動に
参加し本当に充実した思い出に残る2日間でした。

まだまだ災害復興には時間が掛かる事を実感してきました。
被災地で不自由を余儀なくされている方を想い一日も早い復興を願います。
 
山田接骨院 山田和己


| 2011年04月09日 15:24:21 | コメント(1) | 協会員の日記 |


1 |